FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
その下の姿は・・・。
2011-02-14 Mon 01:59
今、ご主人様とfacebookでやり取りをしています。

ご主人様から質問がありました。

*どこのルージュを使っているのだ?

私は突然どうしたのかしら??と

思ったので

*どうされたのですか?資生堂でたまに買いますが

殆どはマツキヨで調達します^^;

とお返事しました。

マツキヨは安くて色んなものが売っているので良く

立ち寄ります。

いつも待ち合わせには(第一印象は大切ですからね)

艶々の唇にしていくのですが・・・

時間が経つとすっかり落ちてしまうのです。

それに逢ってすぐにお食事をすると、終わった頃には

綺麗に取れています^^;

それに、せっかくお食事後に会話を楽しんでいるのに

そそくさとリップ直しにトイレに立つのはどうかなって

思いもあって・・・^^;

女子の皆さん、どこのリップが良いのか教えて下さい。

また艶々の口でご主人様のペニス様を咥える・・・

想像しただけでいやらしいです*^^*


私のルームウェアの下はというと・・・

先日ご主人様にまた剃って頂きアソコはパイパンです。

お尻には30回以上叩かれた痕が青紫色から所々茶色へと

変化しています。

私は社会規範に沿った仕事をしているのに淫乱な変態M女

なのです。

頭ではもっと逝き狂い、泣き叫び、これでもかとばかりに

突いて突かれまくりたいと仕事をしていても変態な妄想をしています。

私の父親は建築関係の仕事をしていましたのであちこちに

材料を束ねる汚れた麻縄が当たり前のようにありました。

SMの本などを一度も読んだ事はありませんが

妄想で小屋に連れて行かれ、柱に縛られる妄想を自然として

いました。

もちろん、緊縛なんて知りもしませんでしたし、柱に縛られた

姿は簡単に胸の周りと脚、膝辺りを縛られているだけですが^^;

アソコを弄られ、部屋には何本もの蝋燭の灯りが灯っていました。

散々、弄られた後にテーブルへ押し倒され、逝き地獄を迎えます。

あ・・・

やっぱり変態な妄想ですよね・・・^^;

昨日撮った写真です。

これはご主人様を感じてすっかりびしょびしょになった

ショーツです。
ショーツ

ご主人様の普段着姿の写メを頂いただけでこんなに感じて

濡れてしまいました。

ご主人様はとっても悦ばれていらしたようで嬉しかったです。


こちらはお風呂上りのお尻写メです。
お尻

叩いて頂き、青紫色から茶色へと変化しています。

このお尻をみると、ゾクゾクし感じてしまいます。


もうこんな時間・・・

そろそろおやすみします☆

↓こちらにご協力下さい↓
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 奴隷 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
奴隷
2011-02-08 Tue 12:52
奴隷となり4ヶ月が過ぎた。

初めて声を聞いたとき胸が高鳴った。

私へと近づいてくる。

この方が「ご主人様」なんだと感じた瞬間。

自分のM性なんて、ほとんど知らなかった。

初めて踏み入れるSM。躾けられ奴隷となる事。

冷たい大理石に頭を踏まれ、三つ指を付く。

羞恥と屈辱が入り混じった。

でも私は脳のどこかで感じていた。

こうして奴隷となれる喜び・・・。

こうされる事をずっと待っていた。

感じれば感じるほど、私は褒美を欲しくなる。

私はたった1人のご主人様、男性にしか感じる事が出来なくなった。

逢うたびに、ご主人様の奴隷と感じられまたそれが堪らなく

嬉しい。

ご主人様の目の先、指の先・・・

もっともっと知りたくて感じたくて目で追っている。

エスカレーターで先に立っているご主人様の首筋に

そっと鼻をつける。

匂いを感じ膣口がヒクヒクし、子宮が欲しがる。

駅で待ち合わせをする。

ご主人様を必死で探す。

たくさんの人混みの中からご主人様を見つける。

ホッとして、嬉しくてたまらない。

抱きつきたいくらい嬉しい。

苦痛や快楽を与えて下さるたった一人のご主人様。

私が逝き・悶え・羞恥をさらけ出せるのはご主人様だけ。



愛おしくて、嬉しくて・・・でも切ない。



ご主人様と出逢えた事に感謝。


夜景


↓こちらにご協力下さい↓
FC2 Blog Ranking


別窓 | 奴隷 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 金木犀の馨る頃に |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。