FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
従う。
2011-12-07 Wed 16:07








一男性の…

ご主人様。

私はご主人様として、それとも男性として好きなのかわからないような時があります。

私の中で「ご主人様」のくくりがわからなくなっている時もあって…。

ご主人様とごく普通の出会いで知り合っていたらどうなっていたのだろう…。

私は誰かの奴隷になりたくて「SM」というカタチで出会った訳で…全く違うカタチだったらご主人様は私に興味すら抱かなかったかもしれません。

日常においても支配されていると感じる日々で、私はご主人様の下に位置する人間だと思っていて「ご主人様」という呼び名とその存在で、このお方の仰る言葉には絶対従うという部分があるのです。

それが、たまたまSMという出会いがキッカケだっただけで、人それぞれと同じように主従にも色んなカタチはあるだろうと思います。



今までにはない感覚…。



いつしか自分の中で自然と身につき、何にも違和感なく素直に受け入れられたような気がします…。

日常においてもご主人様の仰る事は素直に受け入れていて…。

ご主人様が仰る事は正しくて…私はそれに従い…みたいなところはたくさんあります…。

こうしてご主人様と一緒に過ごす時間が増える中で自然と身についていった感覚か、もともと私の中に眠っていたマゾヒストな部分…身体的・精神的の両方があったのかはわからないけれど、ご主人様は全てを見抜きいつしか引き出していたのかもしれません…。

ここに書けるほど自分の魅力もなくて…取り柄…自慢出来る部分はありません…。


真性マゾでもありません…。


でも……
私が内面から変わっていく
自分が素直に変わっていく姿がわかる時があります…。

自分の気持ちに正直で真っ直ぐで、ココロの中ではいつもご主人様の目下で跪いている姿の私が思い浮かぶのです。

対等には歩けないのに、日常で一緒に歩いている妙な感覚…。

今まで手を伸ばしたくても出来なかった事が出来る妙な感覚…。

でも
でも…いつも跪いて顔を上げる余裕すらない姿。

今までにない不思議な感覚。

こんなに誰かに従うなんてこれからも全くないと思います…。

万が一、何かしら私の地位が変わったとしてもいつしか身についた感覚はきっと消えないのだろうと思います…。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
出張先へ。
2011-11-17 Thu 20:08
久しぶりにBlog更新します

別にネタがなかったわけではなく…

忙しさのあまりなかなか書けずにいました

何時もBlogを書いた後にご主人様は必ず目を通して下さるのですが「もっと簡単に書けないのか?」と言われてしまうので、短めに書こうと思います。

ご主人様は今週から1週間出張で岡山へ行かれました。

普段、忙しく帰りも遅いしなかなか一緒にお休みを取れないのが現状…。

そんな中、たった一日ですが出張先へ来いと新幹線の切符を取って下さいました。

かなり久しぶりの新幹線にワクワクしながら宴会気分で乗り込みました。

夕暮れの空に連なる雲が綺麗で、もうすぐ逢える期待に胸が高鳴り嬉しさのあまり泣いてしまいそうでした。

連絡を取り合いながら、ご主人様の仕事場まで行きました。

「後ろを振り返ってごらん?」

会社の名札を付けたご主人様が立っていて、すぐ駆け寄って行きました。

「…ご主人様、髪が伸びましたね。」

ご主人様に抱きつきたいのを必死に抑えてお仕事が終わるのを待ちました。

2人で岡山の街を少し歩いて居酒屋さんへ。

ホテルに着いて備え付けのガウンに着替えてご主人様とベッドに横になっていたら、ご主人様の暖かい手が乳房に伸びてきました。

力強く揉んだり、乳首を優しくなぞったり…お口で吸ったりして下さいました。

ご主人様は私の頬を力一杯に噛み、私は痛さで悲鳴をあげました…が、その後に何ともいえない感覚が襲いました。

頬はヒリヒリと痛みながらもその痛さに寄って、ご主人様の所有物になったような気がしていました。

指の腹で…しかも両手で優しくなぞると…全身から力が抜けて頭が真っ白になり、身体が火照り電流が走るようにビクンビクンと反応してしまいました。

「お前は家畜以下だ…。」

そう仰ったお言葉に思わず笑みが溢れてしまいました。

何度も痙攣して我を忘れてしまい、挙句に失禁をしてしまいました
久しぶりの行為に恥ずかしさを覚えました

ご主人様と出逢う前まではSMという言葉を知らなかったですし、自分はこんなにはしたなくはなかったし、また誰かに拾われたいとか飼われたいなんて全く考えたり想像していませんでした。

ただ、誰かのモノになり毎日厭らしく過ごしてみたいと思っていました。

よく、普通とか変態とかを言葉にしますが、最近そんな言葉はご主人様との間に必要ないと思いました。

だって、ご主人様は私がどうしたら感じて欲しがって逝きたくなり痛みに耐え、快楽に落ちるかご存知だからです。

でも…

身体に与える痛みより、精神的に与えられる痛みはかなり応えます。

最近は一人で夜を明かす事が多くなり、自慰行為が増えてしまいました。

そんな夜にご主人様の事を考えると寂しさで押しつぶされそうになるのです…。

でも、ご主人様が隣で寝て下さりそっと手を握ったり、私の身体に触れて下さると弱い自分が何処かへ飛んでいってしまいます。

誰かと出逢い、好きになったり愛したりする気持ちや感情…ずっと大切にしたいと思える方はそういないから…この果てしない想いを大切にしていきたいのです…。

FC2 Blog Ranking


別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スイッチ
2011-10-05 Wed 19:14
こんばんは。

今日はとても寒いです。

一人っきりの部屋は余計寒く感じますね。

時々、ご主人様は寝ている私の乳首をコリコリされます。

私はどうやら、寝ていても乳首をコリコリすると「うぅ~ん…」と気持ち良い声を発しているようです。

ご主人様には…
「お前はどこまで変態なんだ^^;?」

と言われてしまいました…(>_<)

つい先日…

何時ものようにご主人様は乳首をコリコリ…。

最初は身悶えていたのに、次第に身体をクネクネさせお尻をフリフリしてしまいました。

喘ぎ声も恥ずかしいって感じの声から、すっかり感じてしまっている声に…。

やがて、勃っているご主人様のペニス様に手を置きお触りを^^*

そしてペニス様をパンツから出してお口へ…。

先端から汁が溢れて、それをペロッと味わいました。

私は乳首をコリコリすると、恥ずかしさが飛んでしまい淫乱オンナに変身するようです(^_^;)

昔は乳首を吸われても濡れはしましたが、こんなに厭らしくならなかったような気がします。

今ではすっかりお尻をフリフリして、ペニス様が欲しくて欲しくて仕方がなくなります。

今朝もご主人様は乳首をコリコリ…。

私のお口へペニス様を挿入…。

喉の奥までしっかりと挿れ、咥えてご奉仕…。

ご主人様は
「あぁ…、気持ち良い。…出すぞ。」

と嬉しいお言葉にザーメンを頂きました。

でも、ちょっと心残りが…おま◯こに頂けなかった事で…。

それでも、ご主人様が気持ちよ~くなって頂けたなら満足です♪

ご主人様から…
「股を広げて撮りなさい。」
とご指示を頂き撮影をしました。
…ピンクのショーツが厭らしいですね。


もっと寒くならないうちに初露出に野外で挿れて頂きたいと思う今日この頃です。


ブログランキングに参加しています

FC2 Blog Ranking
ランキングが上がるとご主人様が褒めて下さいます
別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一本鞭
2011-09-19 Mon 17:08
日曜日、乗馬鞭が届いた。

御主人様が心待ちにしていた鞭。

私は、痛いのだろうか…と不安で何時使われるのか緊張しながら、振り下ろされるであろう鞭に胸が高鳴っていた。

初めは手始めに軽く…

徐々に速度を上げていく…

想像以上の痛みが走る。

御主人様は気の赴くままに叩きたいのだろうか…。

鞭で乳首をなぞられると、叩かれる…という恐怖と気持ち良い快感が同時に襲う。

「なんだ?お前…感じてるのか??」

痛みと裏腹に淫汁を垂らしていた。

レジャーシートには溢れた淫汁がべっとりとくっついていた。

鞭で尻をなぞる。

瞬間にパシンと叩く。

痛みによる声が出る。

それでも鞭が欲しくなるのはなんでだろう…。

御主人様…

次回は容赦なく叩くだろう。

でも、私は堪える。

だって、御主人様だけの奴隷だから。

主従は信頼関係がとても大切で、私はその過渡期にいる様な気がする。

少し前までは、とある事に揺らいでいたのが、また御主人様を強い想いで真っ直ぐ見ている。

御主人様から必要とされ、また御主人様を必要とし、強い絆があるほど従い、支配されたい気持ちで堪らなくなる。

御主人様はご調教を終えてから
頑張った…とご褒美を下さった。

温かくて…気持ちが良くて。

今夜も、これからもずっと御主人様の隣で眠りにつく。

別窓 | ご主人様 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
アナルに・・・
2011-08-05 Fri 23:32
私の乳首は異常に敏感で・・・

弄られるとすぐに腰を振ってしまうのです。

ご主人様は寝る前に摘み、擦って弾いたりします。

悶々した気分にどっぷり浸かってしまい、翌朝になっても

その気分はすっきりせずにいました^^;

それを煽るかのように、ご主人様は再び乳首遊びを始めました。

頭の中は・・・・

「・・・ご主人様ぁ~~>< 欲しいです・・・。」


とおねだりが始まっていました。

徐々に腰を振り始め、おねだりしてしまいました。

「お尻・・・叩いて頂けませんか・・・?」

早朝からスパンクです(笑)

私はどこまで変態なのでしょうか・・・。

ご主人様と唇を合わせ、そしてゆっくりと見つめ合いました。

軽く平手打ちをされ、その加減はだんだん強くなり、脳内が揺さぶられる

程の平手打ちを頂きました。

ご主人様?

その眼の奥には、私の姿は厭らしく映っていますか?



それからペニス様を欲しがる私にご主人様は

「ほら、自分で射れろよ。」

と仰いました。

ショーツを脱いで、ゆっくり挿入・・・。

自分で動かす・・・はずが上手く出来ない・・・。

焦る私・・・。

「こうやってやるんだ。」

と子宮壁を突いて下さいました。

指をアナルに滑らせるご主人様・・・。

やがてペニス様をアナルに・・・挿入。

そして・・・

「アナルに出してやるからな。」

とザーメンを頂きました。

ご主人様に

「お前は朝っぱらから何をやってるんだ^^;」

と言われてしまいました。

でも、ご主人様はそんな変態もまたお好きなようです。

ア・・・・

ご主人様?

今夜はお揃いの下着つけてますね^^*

自分撮り

FC2 Blog Ranking


別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 金木犀の馨る頃に | NEXT>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。