FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2つの穴
2011-09-19 Mon 16:28
土曜日に御主人様と少しお出かけ。
シャツとジーンズ、パンプスと表は普通の格好…。
でも、一枚脱げばノーブラにアナルにはプラグ。
何時もならプラグを挿れ、2時間も経てば便意を催し、抜く羽目になってしまうのだが、今回は4時間半と記録を大幅に更新。
御主人様にたくさん褒めて頂けた。
翌日は久しぶりにたっぷりとご調教して下さった。
私は全裸になりレジャーシートに正座をしてお待ちした。
久しぶりの全裸…首輪を付けて頂く。
最初に御主人様へご挨拶…。
四つん這い…アナルにはプラグ、おま◯こにはディルドを挿入。
それでも足りないだろうと御主人様は電マをクリにあてがった。
蝋燭を垂らされ…それでも厭らしい汁を垂らしてしまう。久しぶりの蝋燭責めはとても熱く、垂らした瞬間に針で刺されたような痛みが走った。
まるで、痛みでのたうちまわる犬のような姿だった。
逝きたいと懇願しても御主人様は許可して下さらず、そのもどかしさから涙が溢れ、涎を垂らしてしまった。

「逝かせて…下さい…。」
「御主人様ぁぁぁ~、お願い…逝かせてぇぇ…下さいぃぃ!」

涎を垂らしながら、鳴きながら逝く事をお願いするなんて、まず普通の生活をしていたらあり得ない事だろう。
それが、こうでもされないと感じなく、逝く事が出来ない身体に変化したのだ…。
逝きたくて仕方がなくて、でもその許可を出すのは御主人様で…勝手に逝くとお仕置きが待っている。
分かっているのに、身体は逝きたくて仕方がなかった。
逝ってしまった余韻に浸っていると、御主人様は冷たいお水を差し出された。
飲め…と出された器に入ったお水を口で飲む。
雌犬らしい格好…散歩から帰ってきた犬の様にペロペロとたくさん飲んだ。
四つん這いになり、人間テーブル…背中に灰皿を置き、御主人様が足を伸ばす。
御主人様…休めているだろうか。
そう考えながら、灰皿が落ちない様に必死だった。
そして…
勝手に逝った事への罰が始まった。
緊縛され、仰向けになる。
敏感になり過ぎている乳首にローターを付け、おま◯こには電マをあてがい、そして蝋燭責め…。
腹部から太もも、おま◯こへ垂らす。
御主人様は容赦なくポタポタと垂らされた。
熱い…熱くて悲鳴に近い声を発した。
でも…それが、熱さや瞬間の痛みが、やがて快感になる。
上手く言葉で言い表せない感覚。
やがて、御主人様が電マを握る事なく逝き果ててしまった。
私は厭らしい…。
駄目だと言いながら感じている。
おま◯こからは白濁した淫汁を流しているのに。



シャワーを浴びていると御主人様が入って来られた。
頭を流し、身体を洗って差し上げると…ペニス様からポタポタとお小水が溢れてきた。
口にペニス様を咥え、お小水が口へと伝う。
初めて飲むお小水。
まだまだ躊躇し、上手く飲む事が出来ない…。
ほんの少しゴクッと飲んで見る。
御主人様は、咥えている私の頭からシャワーのお湯をかけた。
苦しくて御主人様の足をタップする。
何度も何回もシャワー責めをされた。
今度は湯舟にお湯を張り、折檻したいと御主人様…。
きっとまた濡らしてしまうのだろう。
お小水はお茶の様な、コーヒーのような味がした。
女である姿と奴隷である姿…。
御主人様の目にはどう映っているだろうか。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 調教 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
変態…
2011-08-19 Fri 05:59
身体は疲れているのに

ショーツを割れ目に食い込ませ

お尻を叩かれたくて

赤い縄で縛り上げられ

蝋燭を…

剃刀でパイパンに

最後に口に含ませ

ご主人様の乳首遊び…

踏まれて

濡らして

感じて、厭らしい声

もっととお願い

狂って、腰を振り

無我夢中でペニス様を

味わう

人間テーブル

使い終えたら

冷たい床に

転がされ…放置

自慰行為

ご主人様はただ見つめるだけ

構う素振りさえ見せない

私は…

濡らしながら

その瞳を見つめる

水責め

立たされ、後ろから突かれて

「普通」を感じない

想像するのは何時も厭らしい

場面ばかり…

「愛」は欲しいのに

「普通」を感じない

「変態」と言われるとゾクゾクする

世界でたった一つの首輪

奴隷が大好きなもの

支配され、所有されていると

感じ、もし外されたら…

哀しみの底へ落とされるような

這い上がれなくなるような気分

初めて首輪を付けて頂いた感触

戸惑い…でもずっとずっと待ち続けて

いた

心とは裏腹に

びっしょりと濡らして

厭らしい匂いを放っていた

鏡の前に立つ事もままならなくて

叩かれる事にも痛みが先に勝って

しまっていた

厭らしく腰を振る姿も

ぎこちなさが消え

ますます厭らしさが増した

何度も何回も

調教時に撮影して下さった写真を

見返す

戸惑いから

嬉しさに変わった



FC2 Blog Ranking


別窓 | 調教 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
一から。
2011-06-18 Sat 10:51
駅でご主人様を待つ。
心が弾むような、心地よい緊張感。
視覚に写るご主人様のお姿を見て感じて、身体が素直に反応する。
震えるような、ゾクゾクとする感覚。
車内にご主人様の匂いが広がり、それが私の臭覚を刺激する。

ご主人様の声は脳を刺激する。落ち着いたトーンで、時に厳しく…でも、その中に優しさもあり、強さがある。

お買い物…そっとご主人様の手を握る。
恥ずかしい…でも、躊躇うのはやめる。
自分に言い聞かせる。

・・・ここで、この場所で・・・
そんな妄想を膨らませ、今すぐにでもご主人様へご奉仕したい気持ちで
たまらなかった。
食事中にご主人様に願う。
ご主人様が好きなように虐めて欲しい。
壊され、犯されたい。
ご奉仕させて頂きたい。
今すぐにでも、ご主人様にめちゃくちゃにされたい。
その時々に思った事を口にする…と決めた。
疑問に感じた事から尋ねたい事、こうしたい、あゝされたいと欲望の赴くままに、ご主人様にお伝えする。
些細な事から、厭らしい事まで全てをさらけ出す。
ご主人様…隣にいらっしゃるだけで疼く。全てを欲しくてたまらない変態な私になる。

ご主人様は上から私をジックリと見つめる。
温かい手でゆっくりと顔をなぞる。
ご主人様が頭を撫でながら顔を埋める。
匂い・・・Tシャツ越しに感じる体温。
アァ・・・・ご主人様の手でゆっくりと静かに溺れてゆく。

その目で、その手で…じっくりと弄られ、犯され、めちゃくちゃに壊れたいと願う。

室内に響く厭らしい声と痛みで悲鳴をあげる。
乳房を握り、抓り上げ、噛み、また腕も噛まれる。

*痛いっ…!!
紅く、くっきりと爪や歯型の痕がつく。
ご主人様…嬉しい…。
もっと、もっとと懇願する。
ご主人様の全てで、快楽という名の底へ少しずつ堕とされていく。

生温かい聖水を身体に注がれ、匂いを感じ、おま○こまで伝って流れ落ちる聖水を見て、何とも言えない感覚に酔い始める。
次は頭から浴びるように、聖水をぶっかけて欲しい…口に注いで頂きたいと感じた。
一からやり直し…。
きちんと挨拶から始める。
三つ指をつく…が、上手く出来ない。
自分で何を願い請うのか、頭が真っ白になる。
ご主人様が冷たく言い放つ言葉は、身体がすくみ、身震いしてしまう。
先日の私がとった行動に対して、罰を与えて下さるご主人様。

久しぶりのラケット…。
*自分で数を数えろ。
怖い!痛い!!バシっと叩く音…。怖くて次の数字を言えない。
*もう一度やり直し。
悲鳴…。でも、おま○こから厭らしい匂いを放ち、汁が溢れてくるのがわかる。
アナルの拡張を毎日行ってきた成果をご主人様が確認する。
*よく頑張ってるな。
…嬉しいお言葉。
もっと頑張って、ご主人様の拳が入るくらいになりたい。
アナルとおま○こを同時に刺激される。
直腸付近を刺激され、気持ち良く、厭らしい声をあげる。何度も肛門から出たり入ったりを繰り返し、腸壁を刺激する。
おま○こにバイブを挿れ、同時に刺激される。
*…いい声だ。
ご主人様は仰る。身を捩りながら、喘ぎ、全身が痙攣し始める。
腹部が波打つ。
膣口から、ヒクヒクし始める。
何でしょう・・・この感覚・・・・。
これが逝くという事、堕ちるという事・・・。
そう、快楽という所へ導かれる。
何度も繰り返し、ご主人様によって逝き狂う。
痙攣し、逝き狂い、失神…。
繰り返す。
今まで見せた事がない姿へと変わる。
そして、子宮の奥底に注がれる温かい精子様を有り難く頂いた。

ラビアや膣口がご主人様のペニス様のサイズを記憶する。

ゆっくりと我にかえる。
ご主人様に甘える事が出来る時間。
やがて…
ご主人様が見つめる瞳の奥へ吸い込まれ…脳で感じ…全身がまた痙攣し始める。
堕ちる!!
快楽の底へ…ご主人様に見つめられながら…何度も、何回も堕ちる。
逝きながら…堕ちるへ変わる。
逝き狂いながら、堕とされ厭らしく開花し始めた。
今まで、社会の波に流されながら自分の厭らしい姿、変態な姿をひた隠しにしてきた。
私は一生出逢わないだろう…と思ってきた。
何となく…生きてきた。でも、それは仮の姿で、真の姿ではなかった。
沢山の出来事に迷い、傷つき、泣き、気づいた時には生きている心地がしていなかった。

こうしてご主人様と出逢い、私は生きているんだ!と実感する。
ご主人様が手を差し伸べて下さり、私はそれを取り、ご主人様が指し示す道へゆっくりと歩き出す。
しっかりと地に足を付けて歩んでいく。
ご主人様…
スパンキング、歯型の痕…
嬉しい。

私はご主人様のもの。
ご主人様しか受け付けない私の身体。
もっともっと礼儀を見につけ、絶対服従する精神を忘れない。
色褪せる事がない世界。
ちょっとずつ色づき始めた世界。
もっと貪欲に淫らになれ。

堕ちるところまで堕ちた姿。
それが、本当の私。
今まで見せた事がない姿。
もっと、もっと変態に厭らしくなる。
淫らに汁を流しながら、更に疼き、もっと壊されたいと願いたい。
今私は、青紫輝く色を目で見て痛みを感じ、酔いしれている。


別窓 | 調教 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
立夏
2011-05-07 Sat 23:38
私の…私だけのご主人様。

iphone_20110507085848.jpg

光沢のあるグレーのシャツが私には男性の色気の様に感じて、そしてシャネルの気品ある香りが更に私をゾクゾクとさせる。

そんなご主人様の腕が乳房に当たっただけでも感じ、お○○こが熱くなり淫汁が溢れてくる。

もともと少し敏感な乳首がピンチコックを頂いてから更に感度が増し、少し自分の腕が触れたり洋服が擦れただけでも気持ちが良くて堪らない。ピンチコックを外すと乳首がピンと立ち、ご主人様は掌でゆっくりと擦り始める。お○○こから溢れる淫汁が垂れ、糸を引いてパイパンから嫌らしく独特な匂いを放つ。

麻縄を施していくご主人様の身体に摺り寄せ、肌の温もりを感じ、後ろに立つご主人様のペニス様がわざと当たるように自分の尻を押し当てる。

ご主人様は「脳で感じ逝くのだ。」と以前仰った事がある。
まさに乳首だけ、愛撫だけで刺激され「逝く」感覚を脳で感じ、ご主人様に見つめられながら我を忘れて淫乱で変態な姿をご主人様だけに見せる。

膣内がヒクヒクと痙攣し、尿道を刺激され、失禁して…それでも「もっと変態にして下さい。」と請い願う。

私は変態です。

もっともっとご主人様の前で淫らで狂ったように変態になって感じたい。

踏みつけ

首を絞められ、口に足指を突っ込まれて、頭や顔が変形するくらいに、これでもかと言わんばかりに踏みつけられる。

私を突き放すかのように見せる瞳と「もっと感じて本当の姿を見せろ。」と仰るご主人様を愛おしく、感じたくて堪らない程ゾクゾクし、縋るように恋しく見上げる顔をご主人様はどう想い感じてくださったのだろうか。

公園でペニス様を御褒美として下さり、恥ずかしくて躊躇している私はいつしか何かに飢えている牝犬のように唇や舌、喉奥、指でペニス様の温もりや匂い、感触を丹念に味わい、私だけが知るご主人様のペニス様を再び脳内に身体に覚えさせる。そして、前に刻み込んだ感覚を確かめるように…無我夢中にしゃぶり続けた。

ご主人様は
「どうだ、美味いか?褒美を貰えて嬉しいだろう?」

ペニス様を咥えたまま返事にならない言葉で「…はい。」と答え頷いた。

パンツとショーツを下ろし、バックからご主人様はペニス様を今日最後の御褒美として挿れ突いて下さった。
時に激しく突き、その度に私は身体がビクッと仰け反り嫌らしい声が更に大きくなる。

「ほら、もっと感じろよ。」と
パチンパチンと尻を叩かれ、それでもお○○こからは嫌らしい淫汁が溢れてくる。

静かな公園内に響く肉感的な音が更に興奮させ感じた。

ご主人様は「もっと自分の気持ちに素直になりなさい。自分の気持ちを正直に言いなさい。」と仰った。

今まで躊躇っていた想いが少しずつ溶け出して、これまでひたすら隠し続けてきた想いを言えるように変化している私を素直に嬉しいと感じたのだ。

iphone_20110507104920.jpg



最近はご主人様から連絡がないと、とても不安になる。
別のサイトで仲良くされている方を見ると凄く嫉妬して、自分を見失いそうになる。
「鬱を抱えたM女は自分を責め自虐行為に走る場合があるので、主は慎重にならなければならない時がある。」
何処かのBlogでS性を持っている男性が言っていた言葉を思い出した。

本当にその通りだと思った。

ご主人様が余所見をしていると不安で堪らない。
その不安が自信のない私を更に突き落とす。

「自分は主にとって最上な愛奴だと自負を持ち続けろ。だが、嫉妬はいつもしろ。そして私はお前を見捨てたりしない…を信用はする事がスタートラインだ。」

どうしようもないくらい不安定な私のメンタル面をご主人様は良く理解して下さり、時として厳しく、でも包み込むように支えてくれる。

涙を流してご主人様を心から想った。
逢いたくて逢いたくて堪らなかった。

そんな中…

「今から○○へ向かう。お前もこれから出てこい。」

私の地元へ深夜来て下さった。
本当に、心から嬉しかった。
泣き顔で、着の身着のままご主人様の元へ向かった。

孤独で押し潰されそうな私を救い上げてくれた。
ご主人様はそんな私を必要とし、快楽へと導いて下さり、
この上ない幸せを感じ、逝き悶え狂う中、愛おしく想い、更に変態な姿を引き出してくれるのだ。

私にだけ見せる何気ない表情
…私だけが知っているご主人様の表情。
私だけを見つめて下さり、力一杯に抱き締めて下さるそんな瞬間が不安な気持ちを振り払えるのだ。

踏みつけ


別窓 | 調教 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
私が私じゃない。
2011-05-06 Fri 01:45
ご主人様は写メをお撮りするのがとてもお上手です。

私を一番美しく、かつ綺麗に撮影されます。

今回は首輪とリードなしでご主人様にご奉仕させて

頂きました。

最初はフェラチオが上手くなるコツをお尋ねして

実際に咥えてみますと・・・とっても難しいものですね。

頭では分かっていても、実際に咥えてみますと上手く出来ない><

「奉仕する気持ちを忘れず、何時も私がお○○こに突いて

いるように、自分の口をお○○こだと思って咥えるのだ。」

ピストンする動きをゆっくりから少しずつ速度を上げ、また

下げて・・・。

私のMスイッチが入り、お○○こだと思って、ご主人様が

突いて下さるように早めたり、ゆっくりにしたり・・・。

時には舌でじっくりとご主人様の匂いや感触を確かめるように

ご奉仕しました。

その間、片方の手でローターをお○○こにあてがい・・・

暫くご奉仕しているうちに、ご主人様から何度も乳首を

弄られ逝ってしまいました。

なんでしょうか・・・

乳首はもの凄く感じてしまうのです。

全てはご主人様のお陰なのです。

お○○こで逝く、乳首で逝く、愛撫で逝く・・・・。

30年間経験出来なかった事。

こんなに素晴らしくて、でも淫靡で嫌らしくて。

そして、美しく官能な世界。

まだまだ駆け出しの身ですが、もっともっと嫌らしく

貪欲に(語弊があるかもしれませんが)そして

自分に正直に、時には我儘になりたいと思います。

そして、もっともっと深くご主人様を愛する事。

そして、ご主人様を信じ、お慕えし、仕える事。

一生懸命ご奉仕する自分がこんなにも嫌らしく

でもその中に美しさもあり・・・

写メから従順さや、お仕えする姿が見て取れました。

こんなにも私が美しく、嫌らしく・・・

「愛奴」という言葉が相応しい姿・・・。

自分で写メを見ていてゾクゾクしてお○○こが

熱くなっていくのが手に取るように分かりました。

精子様

一日も早くご主人様にお逢いして

悶え、逝き狂い、変態な姿をもっともっとさらけ出して

いきたいのです。

そしてご主人様になら、めちゃくちゃにされたいと

思うのです。

首にはうっ血した痕が残っています。

そして顔には少し残った紅斑の痕・・・。

首を絞められ、引き戻され

愛して下っているご主人様がとても愛おしくて

堪らないのです。

奉仕

別窓 | 調教 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 金木犀の馨る頃に | NEXT>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。