FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
日常と非日常
2011-11-19 Sat 13:56
連日続く勤務、帰宅する頃にはもうすぐ日付が変わりそうな時間。

日常が忙しくなればなるほど時間の使い方が下手くそになり、そして非日常へ浸かれる時間もなくなってしまう。

何時もこれでいいのか?と思うけど…生きる為なんだから仕方がない…。

上手く両立したいけど、それは無理な事でどうしても日常の方が重くなる。

ご主人様との事もメリットデメリットがあり、一緒に生活すれば以前の様に何処かで待ち合わせをして、泊まり込んでの調教やメールをしたり電話での調教もなくなるわけで…。

でも、寂しさや哀しさは減りご主人様をより身近に感じる事が出来る。

Blogを整理していて、ご主人様からの日記を読んだりして懐かしくなった。
出逢った頃はこんな風にお互い感じていて、少しずつ変化していくご主人様や自分に嬉しくなったり恥ずかしくなったりして。

でも、時間が経てば経つほど最初に出逢った記憶は失くなりすっかり初心を忘れてしまうものだ。

相手に慣れ過ぎてしまい、またどんな性格かを知るほど甘えが出てしまい「これでいっか。」「まぁいっか。」となって気が緩んでしまうもの。
それは表にも裏にも出てしまう。

でもそれは、それだけ相手を信頼して安心している証拠な訳だからいいと思うけど…やっぱり初心は忘れてはいけない事なんじゃないかな?

ご主人様の前では何時でも奴隷らしく、女らしくいたいし緊張感や恥らう気持ちを忘れてはいけないように思う。


なかなか難しいだろうけど、ご一緒している限りは忘れないでいたい。

色々人生経験を積むとこんな風に感じて、これから先も見失いたくないと感じるからこそ頑張らないとって思う訳で。

いっつも「いいなぁ。」と指を咥えて眺めていた世界があって、足を踏み入れたら戻れなくて…いや、戻るつもりもなくて

それは尽きる事がなくて永遠と追い求めてしまう

「何時でも私がいる。」


最初からご主人様が仰っていた言葉。

ほんとに、それは変わらずで笑って泣いて叫んで欲しがっても必ずご主人様がいて冷静に聞いてくれる。

少し前までは、こんな世界を知らなくて何にも変わらない日常で、激しく変化してしまう瞬間なんてないだろうし知らなかった。

何時しか自分の中に生まれてきた性壁に薄々気付きながら、でも見ないフリをして蓋をしてきたしそれを人前で開放する瞬間がくるなんて全く思ってもみなかった。

何だろう…。


この歳で、どうして開放したいと思ったんだろう。

「支配」とか「征服」とかがこんなにも自分をゾクゾクさせるなんて。

誰かの足元でゆっくりと息をし、誰かの色に染まるのが心地良く感じるなんて…。

放つタバコの匂いやフレグランスの匂い、汗や体臭の匂い…ここまで感じるなんて気付かなかった。

普通ならここまで感じたいとか思わないだろうな。

でも私は欲張りだからもっともっと感じたいって思ってる。

私が涙して、闇に隠してきた事もご主人様は少しずつ取り除いてくれる。

取り除いた部分に「ご主人様」の記憶を埋め込んでくれる。それはずっと光輝くもので美し過ぎるくらいに。

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 金木犀の馨る頃に | NEXT>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。