FC2ブログ
ご主人様からの日記-4
2011-01-06 Thu 01:36
言葉に従いゆっくり仰向けになる彼女に休む間を与えず、「いやらしい匂いがする」と言いながら、足を開きあそこを顕にして、舌で舐め上げる。

良い声でまた泣きはじめるので、「舌では満足しないよな」とバイブをあてがった。

「うぐぅ」と一瞬つらそうな声を上げるが、クリを刺激すると自ら「クリ気持ちいぃ」と声をあげる。

「○○はクリだけで良いわけはないよな?」とバイブを出し入れすると陰汁は湧き出、彼女の表情は虚ろになっていく。

やがて、さざ波は津波に変わり彼女の身体を蹂躙する時を迎える。
「い…逝きそう…」。
逝きたいのだな?

「逝きたい…」

脳と身体と気持ちの美しい葛藤がまた始まるのだ。

「逝かせて下さい…」
それを許可するのは誰だ?

「ご主人様…」

では、何と言うべきなんだ?

視点が定まらない…
闘っているのだ、脳のなかで…

私が興奮する瞬間。

逝きたくないなら抜くぞ…と言いながら、バイブを膣口まで引き抜いた。

逝きたくないのか?と再度聞く。

「い…逝きたい…です」

では、ちゃんと言いなさい。

「ご…ご主人様…逝かせて下さい」早口で願いを乞うた。

逝きなさい…と言いながらバイブを激しく出し入れする。
バイブと一緒にラビアが出入りする様子が淫靡に見える。

「い…逝く…」
「い…いぐ」…

もっと声を、内をさらけ出しなさい。

腹筋が収縮し、果てていく…

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ご主人様からの日記-5 | 金木犀の馨る頃に | ご主人様からの日記-3>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 金木犀の馨る頃に |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR