FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ご主人様からの日記-5
2011-01-06 Thu 01:37
少し腰を浮かせ、痙攣し不規則な瞬きをする。

膣口も開き、朱みを増して間接照明でテロテロと光り、陰汁が流れ続けている。


余韻を楽しもうとしているのだ。


それは赦さない…

まだ足りないだろう?
指をゆっくり…差し込む。彼女の目を見ながら。

指の腹を上にし、一番奥に潜り込ませて擦り上げる。

「あん。」

膣口近く戻り、恥骨上部を擦り上げる。

「ん…」

指の腹を下に変え、肛門側、直腸部分を力を入れ刺激する。


反復動作を続けていると、やがて湿った音とは違う音色を奏で始める…ピチャッ、クチュ、ピチャッピチャッピチャッ…


いやらしい音がしてきたぞ。

「い…嫌」。


嫌なのか?では止めよう。

「い…嫌…じゃない…」

彼女の中のしのぎ合い。
定まらない視点、叫びたいのに叫ぶ事を気持ちが押さえようとして、下唇を噛む表情。

裏腹に腰は浮き、小刻みに左右前後に揺れている。

私にとって堪らない姿…
勃起した。


↓こちらをポチっとお願いします↓
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ご主人様からの日記-6 | 金木犀の馨る頃に | ご主人様からの日記-4>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 金木犀の馨る頃に |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。