FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
感謝と想い
2011-01-19 Wed 05:41
ご主人様は、出血をしていても調教をして下さるそうです。

本当に嬉しく、ご主人様にはなんとお礼を述べたら良いか
・・・なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。



・ご調教ありがとうございます。ご主人様に犯されたい。
髪を鷲掴みにされ、優しく頬を平手打ちし、首輪とリードを付け
拘束され、悶え、逝き狂いたい。

・知らない男性が見ている中で、ご主人様に犯され、ご奉仕させて頂きたいのです。
知らない男性は、ピンチコックで敏感な乳首を触るだけ。
他に触れたら・・・ご主人様は怒るのです。
「私の愛奴に触れるな。」とご主人様は怒り、それでも突かれるのです。
そして、私は泣き悶えるのです。

とメール致しました。

ご主人様はどう感じられたのでしょうか・・・?

調教

ピンチコックで締め上げた乳首の写メを送りました。

・自分なのに・・・横からの写メがいやらしいです。
ご主人様は勃起されましたか?
ペニス様をしごき、亀頭を舐めてご奉仕し、身体全体でご主人様を味わいたい・・・。

とメール致しました。

*鷲掴みにしたいほど、勃った。陰茎を喉奥まで入れたくなった。

とお返事を頂きました。

*たくさんの想いをぶつけてやりたい。

・・・・はい。たくさんぶつけて下さい。

*壊して、たくさん壊してやる。離れずついて来なさい。

・ありがとうございます。嬉しいです・・・。
ご主人様・・・逢いたい。
私もご主人様を壊します。

・お願いがあります。
ご主人様を離しません。絶対に・・・。
ですから、ご主人様も私を離さないで頂けますか?

・ご主人様として・・・
一人の男性として・・・

お慕えし、信頼し、尊敬し、感じて、ご主人様への想いや
男性として、ご主人様として、愛する気持ちをぶつけ、もっと
感じてもらえるように努めていきます。

とお誓いしました。

*私もそのつもりだ。離す事など、ない。

嬉しくて・・・

改めて、ご主人様との・・・一人の男性としての「信頼・愛」
を認め、確認できた喜びでいっぱいでした。


・ご主人様をお名前でお呼びしたくなりました。

と話しますと・・・

*調教中は「主」、それ以外は「男」

内心、それは呼んでも良いぞと言って下さっているのかな?

と緊張してしまいました。
まるで、初恋みたいな感覚です。


・では、何とお呼びすれば・・・?

とお尋ねしました。

*構わんが、調教中はだめだぞ。

と仰って下さりました。

*hisaaが呼びたいように呼べば良い。でも、あまりの緊張で
言えないのではないか?( ̄ー ̄)

とご主人様は的を得ているように言いました。事実・・・恥ずかしくて
ドキドキしてしまいました。

*調教中に慣れすぎて言ってしまったら・・・罰だぞ。

もちろん、わかっていますよ^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夢・・・

叶わないけど・・・


いつかご主人様とずっと添い遂げて、主従関係を忘れず、
時には恋愛のように愛し合い、貞操帯を付けさせられ
私の全てをご主人様が管理をする・・・。

当然、人間ですからお互い、老いがやってきます。

老いても傍に付き、お世話をし、どちらかが亡くなるまで
添い遂げる・・・

もしかしたら一緒に亡くなり、永遠にお傍にいたいのです。

夢


逢う度に、ご主人様に壊され、愛して下さり、それがとても
嬉しくもあり、心地良く、ますます感じたくなるのです。

ご主人様・・・

わかっているけれど・・・

ご主人様と1つになりたいのです。

我儘だってわかっています。


それだけ、ご主人様を想って、感じているからです。

愛


↓こちらにもご協力下さい↓
FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クラシックロリータ | 金木犀の馨る頃に | ピンチコック>>
この記事のコメント:
No title
それは、我が儘ではなくずっと心に想い、実現する術がなく圧し殺してきた、ひさの本心だろう?
私には、わかるぞ。
そして、実現するために精進する。
ひさも私に圧し殺すことなく、さらけ出しずっと寄り添い、ついて来なさい。
離さないから。
2011-01-19 Wed 13:52 | URL | うつせみ #U1HWoDyA[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 金木犀の馨る頃に |

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。