FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
従う。
2011-12-07 Wed 16:07








一男性の…

ご主人様。

私はご主人様として、それとも男性として好きなのかわからないような時があります。

私の中で「ご主人様」のくくりがわからなくなっている時もあって…。

ご主人様とごく普通の出会いで知り合っていたらどうなっていたのだろう…。

私は誰かの奴隷になりたくて「SM」というカタチで出会った訳で…全く違うカタチだったらご主人様は私に興味すら抱かなかったかもしれません。

日常においても支配されていると感じる日々で、私はご主人様の下に位置する人間だと思っていて「ご主人様」という呼び名とその存在で、このお方の仰る言葉には絶対従うという部分があるのです。

それが、たまたまSMという出会いがキッカケだっただけで、人それぞれと同じように主従にも色んなカタチはあるだろうと思います。



今までにはない感覚…。



いつしか自分の中で自然と身につき、何にも違和感なく素直に受け入れられたような気がします…。

日常においてもご主人様の仰る事は素直に受け入れていて…。

ご主人様が仰る事は正しくて…私はそれに従い…みたいなところはたくさんあります…。

こうしてご主人様と一緒に過ごす時間が増える中で自然と身についていった感覚か、もともと私の中に眠っていたマゾヒストな部分…身体的・精神的の両方があったのかはわからないけれど、ご主人様は全てを見抜きいつしか引き出していたのかもしれません…。

ここに書けるほど自分の魅力もなくて…取り柄…自慢出来る部分はありません…。


真性マゾでもありません…。


でも……
私が内面から変わっていく
自分が素直に変わっていく姿がわかる時があります…。

自分の気持ちに正直で真っ直ぐで、ココロの中ではいつもご主人様の目下で跪いている姿の私が思い浮かぶのです。

対等には歩けないのに、日常で一緒に歩いている妙な感覚…。

今まで手を伸ばしたくても出来なかった事が出来る妙な感覚…。

でも
でも…いつも跪いて顔を上げる余裕すらない姿。

今までにない不思議な感覚。

こんなに誰かに従うなんてこれからも全くないと思います…。

万が一、何かしら私の地位が変わったとしてもいつしか身についた感覚はきっと消えないのだろうと思います…。

FC2 Blog Ranking


別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
壊れる瞬間と記憶
2011-12-04 Sun 12:27
一緒にいてご主人様がふっといなくなると、どうしていいかわからなくなります。

…ものすごく怖くなります。

前にも書きましたが…

毛布と少しの荷物、愛犬を連れて飛び出し車のハンドルを握った瞬間…

ものすごく怖くなりました。

-私は本当にこれでいいのか?
迷いはないのか?
それで間違ってはいないか?-

こんな疑問を振り払うかのように必死でした。

一緒に過ごしていて、もしかしたら明日には飽きられて…違う方に興味を持ったりしたらすぐ棄てられてしまうかもしれないのに…
そうなったら路頭に迷うのは目に見えてわかるのに…
そんな事はわかり切っているのに…
それでもいいんだって強がっていました。
そうなったら困るのは私で、それを一番理解しているのに理解していないフリをしていたのかもしれません…。

非日常で知り合ったご主人様と私…奴隷という存在。

物のように冷たく扱われたいと思う自分と優しく温かく扱われたいと思う私。

ご主人様から冷たい言葉や視線を感じて、なのに私は薄っすら悦んでいる時と、ご主人様に優しくされると嬉しくて涙が溢れてしまう時があります。

だからか、初めて「調教」を受けた時に下着姿で三つ指をつき、足で踏まれた瞬間堪らなくゾクゾクしました。
自分の中に新しく何かが目覚めたような…脳の記憶の中で壊れた瞬間。
終わった後…耐えた後の肌の温かさや眼差しに、身体に…脳の記憶に新たに植え付ける瞬間。

こんなに温度差がある瞬間をずっと待っていたような…。

それはご主人様にしか出来ない事…。

私は……

SMプレイがしてみたい…恥ずかしい命令を受けたい
という願望は全くないと言ったら嘘になりますが…
強い力に支配されたい…服従したい…と思う気持ちのほうが少し強いような気がします。

ご主人様はどちらがお好みかはわかりません…。

でも、時々思う事は…

私の中に潜むココロの闇は深くて、その闇は暗すぎて晴れる事がないような気がします。

誰か一人があざ笑う姿に何人も重なり、いつしか複数があざ笑っているように見えるのです。

どうやったらそれを捨て去る事が出来るでしょうか…。

昔から色んな事に敏感になり過ぎて、でも馬鹿正直過ぎたりして、大切な人を失くしてしまったりしました…。

そんな哀しい思い出は振り返らないように…普通の生活を求めて辿り着いて、何気なく日常を過ごしている中…ご主人様と出逢いました。

何時の間にか自分の中に何か刺激を求め、全てを変えてしまうような人を探していたのかもしれません。

…それはご主人様も同じお気持ちだったかもしれません。

何かを変えて新たに進み出したいという小さな想いが生まれていたのかもしれません。

その想いの中にSMがあり、ご主人様と奴隷という立場になり、お逢いする機会が増えていったのかもしれません。


後悔する時が全くないといったら嘘になります。

でも、それ以上に出逢えて良かったと思う時のほうが大きいのです。

何かのきっかけに過ぎなかったとしても、私はこの選択をして良かったと思う時のほうが大きいのです…。


FC2 Blog Ranking


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
日常と非日常
2011-11-19 Sat 13:56
連日続く勤務、帰宅する頃にはもうすぐ日付が変わりそうな時間。

日常が忙しくなればなるほど時間の使い方が下手くそになり、そして非日常へ浸かれる時間もなくなってしまう。

何時もこれでいいのか?と思うけど…生きる為なんだから仕方がない…。

上手く両立したいけど、それは無理な事でどうしても日常の方が重くなる。

ご主人様との事もメリットデメリットがあり、一緒に生活すれば以前の様に何処かで待ち合わせをして、泊まり込んでの調教やメールをしたり電話での調教もなくなるわけで…。

でも、寂しさや哀しさは減りご主人様をより身近に感じる事が出来る。

Blogを整理していて、ご主人様からの日記を読んだりして懐かしくなった。
出逢った頃はこんな風にお互い感じていて、少しずつ変化していくご主人様や自分に嬉しくなったり恥ずかしくなったりして。

でも、時間が経てば経つほど最初に出逢った記憶は失くなりすっかり初心を忘れてしまうものだ。

相手に慣れ過ぎてしまい、またどんな性格かを知るほど甘えが出てしまい「これでいっか。」「まぁいっか。」となって気が緩んでしまうもの。
それは表にも裏にも出てしまう。

でもそれは、それだけ相手を信頼して安心している証拠な訳だからいいと思うけど…やっぱり初心は忘れてはいけない事なんじゃないかな?

ご主人様の前では何時でも奴隷らしく、女らしくいたいし緊張感や恥らう気持ちを忘れてはいけないように思う。


なかなか難しいだろうけど、ご一緒している限りは忘れないでいたい。

色々人生経験を積むとこんな風に感じて、これから先も見失いたくないと感じるからこそ頑張らないとって思う訳で。

いっつも「いいなぁ。」と指を咥えて眺めていた世界があって、足を踏み入れたら戻れなくて…いや、戻るつもりもなくて

それは尽きる事がなくて永遠と追い求めてしまう

「何時でも私がいる。」


最初からご主人様が仰っていた言葉。

ほんとに、それは変わらずで笑って泣いて叫んで欲しがっても必ずご主人様がいて冷静に聞いてくれる。

少し前までは、こんな世界を知らなくて何にも変わらない日常で、激しく変化してしまう瞬間なんてないだろうし知らなかった。

何時しか自分の中に生まれてきた性壁に薄々気付きながら、でも見ないフリをして蓋をしてきたしそれを人前で開放する瞬間がくるなんて全く思ってもみなかった。

何だろう…。


この歳で、どうして開放したいと思ったんだろう。

「支配」とか「征服」とかがこんなにも自分をゾクゾクさせるなんて。

誰かの足元でゆっくりと息をし、誰かの色に染まるのが心地良く感じるなんて…。

放つタバコの匂いやフレグランスの匂い、汗や体臭の匂い…ここまで感じるなんて気付かなかった。

普通ならここまで感じたいとか思わないだろうな。

でも私は欲張りだからもっともっと感じたいって思ってる。

私が涙して、闇に隠してきた事もご主人様は少しずつ取り除いてくれる。

取り除いた部分に「ご主人様」の記憶を埋め込んでくれる。それはずっと光輝くもので美し過ぎるくらいに。

FC2 Blog Ranking


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
愛おしい。
2011-11-17 Thu 22:29
ご主人様と唇が近づき鼻をそっと擦り付ける。

唇に少し触れると身体が熱くなって秘部から蜜が湧いてくる。

そっとキスしたり、舌を絡めたりして下さる。


何でだろう?

某出会い系サイトで最初にご主人様からメールを頂いて…顔も何にも知らずにすぐお返事してしまった。


何回かやりとりをして、ご主人様がどんな方かを知ったけど…正直、こんなにのめり込むとは想像もしてなかった。

ご主人様の手が私の身体にゆっくりと伸びる。

その手を必死に追いかける。

私の小さい手を優しく包んで下さる。


ご主人様が突いて下さって、それでも自ら腰を動かしてオネダリしてしまう。

自分でも厭らしいって思う。

欲しくてたまらなくて、挿れてくれと言わんばかりに腰を動かしてアピールしてしまう。

なんか、不思議。

人によってこんなに厭らしくなるんだもの。

私は…自分で気付かないうちから支配や征服されたいと思っていたのかな。

てっきり、自分はMではなくSだろうなって思ってたから…。

とある方のBlogに縛られたり泣きながら逝く姿に妙な感覚になった。


いつしか、旦那さんでは満足出来ず自慰行為をしながら顔がわからない誰かに虐めてもらう姿に興奮した。


前にもBlogに書いたけど…


ご主人様の背中や眼鏡をかける姿、ゆっくりとネクタイを締めたり、ふとした瞬間に見せるお顔が堪らなく好きなのだ。


こう、思い返すと…

ご主人様なりの愛情…

大切にして下さるその温かさがわかる。


でも、ね…


まだ時々怖くなる。

いつかはご主人様との関係が終わりを告げる時がくる。


それはどんな瞬間なのかはわからない。

違うパートナーが出来た時
私に飽きた時
どちらかが死んでしまった時…


本当は…


声にして叫びたい。
寂しいって。
一人にしないでって。


ずっとご主人様のモノでいたい…。


でも、時にはご主人様の手の中でオンナになりたい。



私は奴隷でも、ご主人様のココロは私が全て手に入れたい…。



手に入れたら鍵が付いた真っ白い箱にご主人様のココロを入れて大切にしまっておくんだ…。

ディルド

FC2 Blog Ranking


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
出張先へ。
2011-11-17 Thu 20:08
久しぶりにBlog更新します

別にネタがなかったわけではなく…

忙しさのあまりなかなか書けずにいました

何時もBlogを書いた後にご主人様は必ず目を通して下さるのですが「もっと簡単に書けないのか?」と言われてしまうので、短めに書こうと思います。

ご主人様は今週から1週間出張で岡山へ行かれました。

普段、忙しく帰りも遅いしなかなか一緒にお休みを取れないのが現状…。

そんな中、たった一日ですが出張先へ来いと新幹線の切符を取って下さいました。

かなり久しぶりの新幹線にワクワクしながら宴会気分で乗り込みました。

夕暮れの空に連なる雲が綺麗で、もうすぐ逢える期待に胸が高鳴り嬉しさのあまり泣いてしまいそうでした。

連絡を取り合いながら、ご主人様の仕事場まで行きました。

「後ろを振り返ってごらん?」

会社の名札を付けたご主人様が立っていて、すぐ駆け寄って行きました。

「…ご主人様、髪が伸びましたね。」

ご主人様に抱きつきたいのを必死に抑えてお仕事が終わるのを待ちました。

2人で岡山の街を少し歩いて居酒屋さんへ。

ホテルに着いて備え付けのガウンに着替えてご主人様とベッドに横になっていたら、ご主人様の暖かい手が乳房に伸びてきました。

力強く揉んだり、乳首を優しくなぞったり…お口で吸ったりして下さいました。

ご主人様は私の頬を力一杯に噛み、私は痛さで悲鳴をあげました…が、その後に何ともいえない感覚が襲いました。

頬はヒリヒリと痛みながらもその痛さに寄って、ご主人様の所有物になったような気がしていました。

指の腹で…しかも両手で優しくなぞると…全身から力が抜けて頭が真っ白になり、身体が火照り電流が走るようにビクンビクンと反応してしまいました。

「お前は家畜以下だ…。」

そう仰ったお言葉に思わず笑みが溢れてしまいました。

何度も痙攣して我を忘れてしまい、挙句に失禁をしてしまいました
久しぶりの行為に恥ずかしさを覚えました

ご主人様と出逢う前まではSMという言葉を知らなかったですし、自分はこんなにはしたなくはなかったし、また誰かに拾われたいとか飼われたいなんて全く考えたり想像していませんでした。

ただ、誰かのモノになり毎日厭らしく過ごしてみたいと思っていました。

よく、普通とか変態とかを言葉にしますが、最近そんな言葉はご主人様との間に必要ないと思いました。

だって、ご主人様は私がどうしたら感じて欲しがって逝きたくなり痛みに耐え、快楽に落ちるかご存知だからです。

でも…

身体に与える痛みより、精神的に与えられる痛みはかなり応えます。

最近は一人で夜を明かす事が多くなり、自慰行為が増えてしまいました。

そんな夜にご主人様の事を考えると寂しさで押しつぶされそうになるのです…。

でも、ご主人様が隣で寝て下さりそっと手を握ったり、私の身体に触れて下さると弱い自分が何処かへ飛んでいってしまいます。

誰かと出逢い、好きになったり愛したりする気持ちや感情…ずっと大切にしたいと思える方はそういないから…この果てしない想いを大切にしていきたいのです…。

FC2 Blog Ranking


別窓 | ご主人様 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<BACK | 金木犀の馨る頃に | NEXT>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

http://maildorei.blog111.fc2.com/

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。